ポイントカードの賢い使い方

コンビニエンスストア、家電量販店、携帯電話会社、クレジットカード会社に航空会社など、ポイントは様々な企業が発行しています。ポイントは、買い物をしないと貯まらないと思っている人が多いですが、買い物をしなくても貯めるチャンスがたくさんあります。例えばTポイントは、Yahoo!公金支払いに対応している自治体の水道料金や税金、健康保険料、NHKの受信料、保育料などの支払いで貯めることができます。ポイントで料金を支払うこともできます。また、銀行で給与振込先の口座を新規で指定したり、スーパーにマイバッグを持参したり、アンケートに答えたり、スマホのアプリをダウンロードしたりと、買い物以外でポイントが貯まるチャンスが豊富です。また、ポイントサービスと異業種が提携することで、従来は別々だったポイントが共通ポイントに統合される動きも出てきています。このようにポイントカードを賢く使えば、いろいろな方法でポイントを貯めることができます。

それと、デンタルローンにもポイントが有効です。私の使っているクレジットカードのポイントを歯科矯正の際にカード支払いでポイントを使えました。まるで楽天カードのようなお得感で、かなり満足です。

まとめて貯める!

いろいろなポイントカードを使っていますが、複数枚だとなかなか貯まりません。
特に金額が大きいドラッグストアは安いところを探して買っているので、複数店舗のポイントカードを使い分けていました。
ところが今回そのうちの2店舗がグループ化したところ、2枚を1枚に統一出来ることになりました!
両方の買い物ポイントが1枚に貯まります。倍貯まるような気がします。
おまけにそのグループには調剤薬局もあるので、処方箋の薬もそこを利用してポイントを貯めることにしました。
まとめて効率良く貯めて家計を節約しています。

あと、自宅マンションを不動産査定に出して、相場を調べることにしました。もし買った時よりも高く売れるなら売ろうと思ったからです。大きな金額なので、クレジットカードのポイントがどうとか細かいことを気にしなくてもよくなりたいです(笑)

ポイントを貯めよう

クレジットカードは会社によって様々な特典があります。例えば、支払いに応じてポイントが貯まり、商品券などで還元してくれるもの等です。普段のお買い物だけでなく、公共料金もクレジットカード経由で支払うとポイントが貯まりやすくなります。ひとつのクレジットカードに絞って使えば、年間5000円近くポイントが貯まり商品券として戻ってきます。
また、クレジットカードにロードサービスが付いているものもあります。そういったカードを選べば、別でロードサービスに入会することもなく、節約に繋がります。
特典を見極めて、お得に使用すると良いです。

ポイントカード・クレジットカードの枚数を絞る

最初にポイントカードはよく使うお店だけ(それ以外は持たない・作らない)、クレジッカードは全国規模のモノと近所のスーパーが発行しているモノ2枚だけにだけに絞りました。使い方はポイントカードは常にボーナスポイントが付いている商品を購入・ポイント〇倍デーに重点的に買い物に行くようにしています。これだけで年に数千円の商品券を貰えるようになりました。クレジットカードは主にそこで運営するショッピングサイトで買い物するだけで常にポイントが2倍以上になるので、こちらでも数千円分の商品や商品券に交換、両者で年に1万円以上の節約になりました。

とにかく基本はクレジット払い!

現在独り暮らしをしていますが、日用品、食品、水道光熱費等、生活必需品で千円以上のものは全てクレジット払いにしています。
カード会社は某ネット通販会社のものですが、基本そこでは何でも売っているので、生活必需品で貯めたポイントを使って、ネット通販で嗜好品を買っています。
毎月千円分程度のポイントが貯まり、本やCD等はほぼ無料で買えてしまいます。またネット通販でそのカードを使うと、ポイント倍付にもなるので更にお得です。
余分な物にお金を使ってしまったという罪悪感もなく、自分へのご褒美感覚で好きなものを入手できるので助かっています。
嫌でも払わなければいけない「生活費」なので、これを利用してポイントを貯めない手はないと思います。